手作業の効率を上げるために意識する、たった一つの事。

手作業の効率を上げるために意識する、たった一つの事。ライフハック
スポンサーリンク

 

おはようございます!まゆまさです。

今回は、「手作業」の効率を上げるために、僕が普段意識している事をお話します。

ここで言う「手作業」とは、普段行っている、手の動きを伴う「仕事」の事を指します。

パン職人なら、生地をこねる作業やヘラを使ってあんことかクリームを入れる作業。

大工さんなら、クギを打ったり木材を削ったりなど。

主婦(主夫)の方なら掃除、洗い物、料理など。

 

意識していることは、すべての動作を「最短距離で行う」こと。

たったこれだけです。

これだけですが、抜群の効果があります。

職人さんなら想像しやすいと思いますが、熟練の技術を持った人の作業は、すごくゆっくりやっているように見えるのに、とても早く終わります

それは、ゆっくりではあるが動きにまったく無駄がなく、洗練されているからです。

すべての動作は、反復練習により研ぎ澄まされ、無駄が無くなり、やがて最短距離でできるようになっていきます。

野球やサッカーなどのスポーツでも同じことが言えますね。

無駄が無いので疲れませんし、すばやく出来るんです。

すばやくなれば、それだけ時間も短縮でき、増えた時間を自分の時間に充てることができます。

 

「最短距離を意識する」これだけで、あらゆる手作業の効率をアップできます。

ぜひお試しください!

 

スポンサーリンク

 

コメント