大乱闘スマッシュブラザーズ「プリン師匠」ツイートに思ったこと

友達コラム
スポンサーリンク

 

「ゆうやん」さんがツイートした「プリン師匠」

 

概要です。

ゆうやんさんが小学生4年生の時に、当時不登校だったT君にプリントを届けにいき、そのまま家に上がってT君とスマブラで対戦することになります。

 

T君はとても強く、当時最弱と言われていた「プリン」を使っていました。

一度も勝てなかったゆうやんさんは、次の日学校でT君のことをみんなに知らせます。そのうちにT君は「プリン師匠」と呼ばれるようになりました。

 

それからは友達と一緒にT君の家に頻繁に遊びに行くようになります。

そうして何日か経ったある日、T君が学校に来るようになった。というものです。

 

学年の中でT君にスマブラで勝てる子は誰もいなく、T君が卒業する頃には、有名人になっていたそうです。

 

僕はこのツイートを直接読んだわけではなく、ネットニュースで知りましたが、読んだ時にすごく心動かされました。

というのも、僕にもT君と同じような経験があるためです。

 

僕の場合は、小学校6年生の時で、不登校までは行きませんでしたが、クラスで仲間外れにされることが何度かありました。

体育の時にグループを作るときにはハズレ枠扱いでしたし、修学旅行の時も大体あまっていました。

「いじめ」とまでは行かないですが、当時はとても寂しい思いをすることが多かったです。

 

中学校に上がると、頻度が減り、普通の学校生活を送っていました。

 

中学校3年の時、ニンテンドー64でスマブラが発売されました。

ものすごく流行りました。普段ゲームをあまりしない子もやっていたくらいです。

 

僕はゲーム歴だけはやたら長かったので、スマブラはかなり強かったです。

1対2で対戦することもありました。

 

あいつはゲームがうまい。という評判は前からあったようでした。

それが確認できたのが、学校祭で企画されたゲーム大会です。

 

格闘ゲームの勝ち抜きトーナメント戦で、ソフトはプレイステーションの「鉄拳3」。

 

このゲームも僕はやり込んでいたので、かなり自信がありました。

 

周りにはギャラリーが15人くらいいて緊張していたので、3回戦目で負けました。

 

その時にギャラリーがどよめきます。

え、まゆまさが負けた!?マジかよ!?〇〇(相手の名前)スゲーな!まゆまさに勝てたのかよ!

 

それを聞いて、僕は周りに「ゲームが上手いと認められている」と思ったのです。

 

それは自分の存在意義になりました。

 

どんな些細な事でも、他人から認められている、という事実は、大きな自信になります

 

T君も、みんなに「プリン師匠」と呼ばれ、みんなに「スマブラが強い」と認められた事実が、自分が存在する理由、自信に繋がり、登校するようになったのだと僕は思います。

 

「ぼくの先生はテレビゲーム」というこのブログも、テレビゲームを通してたくさんの事を学んだ経験から名付けています。

 

ゲームは今、全世界の人々と繋がれる、とても大きなコミュニケーションツールとなっています。

 

自分が住んでいた町の、一つの学校で起きたこのような出来事が、ネットを通じて全世界で起こっています。それは本当に素晴らしい事です。

 

「スマブラ」というゲームが、ひとりの不登校児を救ったこのニュースは、もっと広まって多くの人に知ってもらいたいです。

 

コメント