マニュアルにない基礎知識!(初心者向け) サマナのつぶやきー第4回ー

サマナのつぶやき4 マニュアルにない基礎知識 初心者向けサマナのつぶやき(プレイ日記)
スポンサーリンク

 

今回はオンラインゲーム特有の、プレイヤー間でできたルールなどについて、解説していきます。ギルドバトル関連の項目が多いです。

 

まずはギルド紹介時に主に書かれている内容です。

 

スポンサーリンク

+6ルール

 

画像の〇で囲っている部分が、ボーナスポイントです。バトルに勝利すると、書かれている数字分、ポイントが多くもらえます。

ギルドバトル +6ルール 解説

 

この部分が合計6になるように攻めるのが+6ルールです。

これを守らずに+3のおいしい所ばかり狙っていると、ある日急にギルドを追放されてしまう可能性があります。

 

これがギルド紹介文に書かれていたら、しっかり意識して守った方がいいです。

 

書いていなくても、メンバーさんのバトル結果を確認し、皆さん+6にしているようなら、自分も+6までに留めておいた方が無難です。

 

+5の場合もありますし、制限無しの場合もあります。要確認ですね。

 

「勝利確定後も同様に+6ルールです」と書いている場合もあります。

 

ギルドバトルは、相手の総HPが30%を下回ると自動で勝利確定になります。その状態でマスターが「勝利宣言」した時点で初めて終了です。

 

勝利確定後は、剣があれば、HPが0の相手も攻撃できます

 

ですので、勝利確定後に悠々と剣消費して弱い所でポイントを稼ぐ、という事ができてしまいます。

 

そうするとメンバー間で不公平な差が生まれてしまいます。それを無くすために、「確定後も同様」としているわけです。

 

剣消費

 

ここでいう「剣」とは、画像の剣マークの事です。

ギルドバトル 剣消費 解説

これはギルドバトルの攻撃回数を表しています。攻撃するとマークが1つ暗くなり、「1つ消費」した事になります。

 

ギルド紹介文に「剣消費してくれる人お願いします」といった言葉が書かれているギルドがほとんどです。

 

「剣消費」=「ギルドバトル参加」と同義です。

 

ギルドマスターからしてみれば、剣消費してくれなくて全然バトルに参加してくれない人を入れる気にはなりませんよね。

 

剣消費は積極的に行いましょう!

 

単騎防衛

 

画像のように、防御配置をモンスター1体ずつにする防衛を、単騎防衛といいます。

ギルドバトル 単騎防衛 解説

防衛を薄くしてわざと負ける事によりギルドランクを下げ、格上ギルドを回避し、格下ギルドと対戦するようにします。

 

チームがギルドバトルに勝利すると、自分が攻めて稼いだポイントの2倍分もらえます。格下には勝つ可能性が高いので、ギルドポイントが多くもらえます。そうやって稼ぐ手段です。

 

これにはデメリットもありまして、ランクが下がった状態だと週末もらえる召喚石の量が少なくなってしまうんです。

 

どちらを取るかは、今の自分の状況次第です。

 

イフリート召喚したい!という方は単騎防衛ギルドに入れば良いですし、召喚石でアイツを庭に呼ぶんだ!という方は、特に気にせず選ぶと良いと思います。

 

やり方は簡単で、とりあえず4体配置したら2体目と3体目をタップして外すだけです。これで単騎防衛の完成!

 

ちなみに、手持ちの最強メンバーを6体配置した防衛を、「ガチ防衛」といいます。

 

補足ですが、相手が単騎防衛だから楽勝だな!というわけではありません。

 

カミラ(水ヴァルキリー)や、リナ(水エピキオン司祭)など、固いモンスターがいて、返り討ちに合う可能性があります。いけるかいけないかは経験していくと、だんだんわかってきます。

 

スポンサーリンク

 

アリーナ週末 銀1・2・3 金1・2・3 赤1・2・3

 

アリーナでは毎週日曜日午後10時に、アリーナランキングが集計されます。

1・2・3とは星の数の事です。銅は割愛します。


 900~1199 点


銀★  )勝ち点 1200
銀★★ )勝ち点 1300
銀★★★)勝ち点 1400


 勝ち点:1500~1699
金★  ) 10000~3001  位
金★★ ) 3000~1001 位
金★★★1000~301   


 勝ち点:300~2
赤★  ) 300~101  位
赤★★ ) 100~31 位
赤★★★) 30~2    位


レジェンド 1位


 

これによってもらえるクリスタルの量が変わってきます。上に行くほど多くもらえます。

 

ギルドとしてはある程度強くなっている即戦力なメンバーに来てもらって、ランクを上げたいので、週末銀2~3以上からの募集を多く見かけます。

 

銀1までは適当にやっていても楽に行ける事が多いので、そのあたりの募集はあまり見かけません。

 

新設ギルドや、初心者育成に力を入れているギルドなら、誰でも歓迎!と書いていたり、「アリーナ週末~」の文が無い事が多いので、そういったギルドで力を付けるのが良いと思います。

 

ギルドバトル関連はここまでです。

 

302チャンネル(光闇チャンネル)

 

チャットを開いて右上に出てくる数字がチャンネルです。

 

この数字を「302」に合わせると、通称「光闇チャンネル」に行く事ができます。

 

サマナーズウォーは、属性別のカイロスダンジョンに潜って周回していると、ときどき秘密のダンジョンが発見されました!と出ます。

 

そこでは表示されているモンスターを獲得するための「欠片」を手に入れる事ができます。

 

秘密ダンジョンは、フレンドが発見したダンジョンにも行く事ができます

それの専門チャンネルが、302チャンネルです。

 

日曜日月曜日ともなると、多くの人がそこに集まり、フレンドリクエストが飛び交ってとても活気に満ちています。僕も非常にお世話になっています。

 

枠お返しします

 

302チャンネルでは、フレンドリクエストと共に、この言葉が付いている事が多いです。

 

フレンド枠はそれぞれ50人までです。リクエストを承認してもらうと、その枠を1つ埋める事になります。

 

秘密ダンジョンは1時間までですので、終わった後は速やかにフレンドを解除し、枠を「お返し」します。

 

これを怠って解除しないままにすると、相手に解除させてしまう事になります。フレンド解除は1日に5人までしかできないので、非常に迷惑をかけてしまいます。

 

「お返し」できるのも5人までなので、しっかり数えておくようにしましょう。

 

この言葉を付けておけば、相手も安心してリクエスト承認できますね。思いやりの精神です。

 

 

長くなりましたが、以上です。

いずれも、プレイヤー間で困った事が起きないように発案されたものばかりですね。

 

ゲームといえど、そこにはいつも誰かがいます。みんなで気持ちよくゲームができるよう、配慮を怠らないようにして、サマナーズウォーをより深く楽しみましょう!

 

コメント