火忍者(ガロ)の使い方を考察!上げたいステとおすすめルーン紹介!

火忍者(ガロ)のステはこれを上げよう!おすすめルーンも紹介!サマナのつぶやき(プレイ日記)
スポンサーリンク

 

こんにちは!まゆまさです。

ワリーナでもよくピックされるガロですが、その強さを考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

ステータス

自分のガロはこんな感じです。

火忍者(ガロ)のステはこれを上げよう!おすすめルーンも紹介!

ガロ 吸血+果報 スキルマ

2番速度 4番クリ率 6番攻撃力

ステータスは攻撃力、クリ率、クリダメ、速度を意識して、サブオプで的中も稼ぎ、体力と防御は捨てています。

後述するパッシブのおかげで、防御面を捨てても生き残る率が高いからです。

クリダメをもっと上げたいし、できれば抵抗も上げたいですが、そこまで手が回りませんでした。

おすすめのルーンはこれだ!

 

おすすめのルーンは「吸血」一択です!

もう一つのセットは反撃、意志などもおすすめですが、僕の場合は「果報」を付けています。(理由は後述)

なぜ吸血がおすすめなのかというと、パッシブスキルとの相性が最高だから。

ガロのパッシブは、食らったら死んでしまうダメージを受けた時、次のターンが回ってくるまでの間一度だけ無効化し、さらに自分のゲージを50%上げるというものです。

ジョジョで言うとその瞬間の時間だけ吹っ飛ばして、相手が気づいた時にはすでに背後にいるような、そんなキングクリムゾン的チートじみた能力なんですよ!

そのパッシブを使うまでに減った体力を、高い攻撃力で高ダメージを出し、回収するという段取り。

そうすると生存率がかなり上がるんです。

なので迷わず吸血をおすすめします!

果報を付けている理由

 

これは、パッシブを使った時に即ターン獲得できる機会を多くするためです。

果報の能力は、体力7%を失うごとにゲージ4%回復というもの。

体力49%を失うと、ゲージが28%回復します。

体力70%を失うと、ゲージが40%回復します。

瀕死に近くなってパッシブが発動すると、ほぼ確実にターンが回ってくるわけです。

そこで高いダメージを出して吸血で回復するというカラクリになっています。

ただ欠点もあって、相手のアタッカーの攻撃力が高いと、ガロの体力が少ない分、果報の力を発揮することなく、パッシブが発動する場面があることです。

アタッカー2体で同時に攻められたりするとやられてしまう事もあります。

でもそういう場面はあまり出くわしてないので、果報は役に立っています。

ガロの弱点

 

弱点は多段攻撃にとてつもなく弱いことです。

これは体力を上げればカバーできるのですが、それだとパッシブがイマイチ活きてこない気がするので、体力は上げていません。

そもそも多段攻撃持ちの所には使いませんし

なのでブメチャクがいる所にガロを出してはいけません。

一瞬で葬り去られることでしょう。

ガロが活きる場面(アリーナ・ワリーナ)

 

こちらのような相手の時、ガロの力はとても発揮されます。

火忍者(ガロ)のステはこれを上げよう!おすすめルーンも紹介!

相手チームに多段攻撃が無く、かつ純粋なアタッカーがいないであろう、という時です。

こちらにヴァネッサーがいるので、相手としてはヴァネッサーから狙うしかありません。

ガロから倒そうとしても、パッシブで生き残る率が高く、万が一死んだとしてもヴァネッサーのパッシブで生き返るからです。

そしてヴァネッサーを守っている間に、ガロで蹴散らしていきます。

火忍者(ガロ)のステはこれを上げよう!おすすめルーンも紹介!

今回は予想通り相手の攻撃力が低く、こちらのアタッカーはガロだけでしたが、粘り勝ちできました!

 

あとはスコグル(風狂戦士)に対してめっぽう強いです。

タイマンならまず負けません。

まとめ

 

対人だけでなく、カルザンの古代の眷属でも活躍できますし、生き残れるアタッカーとしてとても優秀なガロは、育てて絶対にソンはありません!

占領戦でも火チームのリーダーとしてかなり使えますよ!

参考にしていただけたら幸いです!(∩´∀`)∩

 

スポンサーリンク

 

コメント