グルテンフリー(小麦抜き)生活を始めたきっかけとその他もろもろ

グルテンフリー(小麦抜き生活)健康
スポンサーリンク

 

息子が1歳の時に初めて子供用の麦茶を飲みました。

その数分後に、息子の体から無数の疱疹が現れました。

急いでかかりつけの小児科に行ったところ、小麦アレルギーが発覚しました。

僕の息子は生まれつき小麦アレルギーだったのです!

 

息子が生まれるまでは普通に小麦製品を食べていました。

 

パン、ラーメン、パスタ、カレーライス、ピザ、ぎょうざ、天ぷら、そば、うどん、お好み焼き、たこ焼き、クッキー、ケーキ・・・etc

 

あーーー!!!うまいもんばっかりやん!

 

妻も小麦を食べると体に不調が出る体質です。

 

(妻は難病「全身性エリテマトーデス 通称SLE」でステロイドを飲んでいるため、症状が出にくかったです)

 

息子の小麦アレルギーが発覚してから、どうせだから全員で小麦抜き生活しよう!となり、グルテンフリー(小麦抜き)生活を始める事になりました。

 

この記事現在で1年10か月になろうとしています。

 

現状では開始前より体重が少し減り、余分な脂肪が取れてすっきりしました。(*´▽`*)

 

疲れやだるさも感じにくくなったと思います。

 

期せずしてダイエットになっているようです。

 

僕はもともとパンが大好きで、20代の頃はパン屋巡りが趣味でした。

 

休日に人気のパン屋に行って千円ほどパンを買い込み、昼に全部食べるというのが好きでした。

 

時には1日3食ともパンだった事もあります。

そんな大のパン好きが高じてパン屋でアルバイトをしてましたし、今現在もパン職人として働いています。

 

そんな僕が小麦抜き・・・?本当にできるのか・・・(;´Д`)

 

と不安になりましたし、慣れるまで大変でしたが、なんとかなりました!

 

現在の日本には、小麦を使った製品がとても多いです。

食品に使うのはもちろん、一部の化粧品にまで使われます。

衝撃を受けたのは醤油に使っていることです。

 

どこに使う要素があるんだ・・・?醤油使えないのか・・・。と思っていましたが、ちゃんとグルテンフリー醤油ありました!

 

安価で大量に生産できる小麦を使うと、モノの値段を安くできます。

 

だから小麦を使ったお菓子はあんなにも安くできるんです。

 

小麦を使ってないお菓子は、だいたい少し高めになってます。

 

菓子パンも大好きでよく買って食べてました。

 

(ジャム&マーガリンとかあんバターとか生クリームのたっぷり入ったメロンパンとか・・・)

 

菓子パンは今考えると本当に恐ろしいです。

 

あんな腹持ちのしない食べ物なのにカロリーが400~600はあります。

 

しかも栄養はスカスカ。あるのは大量の砂糖、不健康な油脂です。

 

押し売りのような暴力的甘さで、菓子パンからうまいだろ!?うまいよな!?という声が聞こえてきそうな味です。

 

はっきり言ってです。以外の何物でもないです。

 

少しでもダイエットを気にするのであれば、一切食べないことをおすすめします!

 

では次回からは、始めた時にどんな事に気を付けていたか、どんな食べ物を食べていたかについて書いていきます!

 

グルテンフリー(小麦抜き)生活で気を付けている事、食べている物

 

健康
スポンサーリンク
ぼくの先生はテレビゲーム 

コメント